蜂の子大百科

前へ
次へ

蜂の子が自律神経の乱れを改善する

自律神経とは

自律神経とは臓器の調整などの役割を果たしている神経です。活動時に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経からなります。
現代人は交感神経が優位になりすぎて、副交感神経がうまく働かなくなっていることがあります。自律神経が乱れているとはこのことを指しています。
自律神経のバランスが崩れる原因は

などが考えられます。

自律神経が乱れると

などの問題が生じます。
便秘は腸内に有害ガスが溜まり、肌にダメージを与えるなど副次的な影響もあります。
蜂の子には自律神経の乱れに効果的な成分が含まれていますので、原因や症状に心当たりがある人は蜂の子を試してみてはいかがでしょうか。

蜂の子が自律神経の乱れを改善する

蜂の子には自律神経を整えるさまざまな栄養が含まれています。
特に重要な栄養はトリプトファンです。トリプトファンはセロトニンの原料となるアミノ酸です。
セロトニンは幸福物質とも呼ばれています。セロトニンは自律神経のバランスを整え、ストレスを抑える効果があります。
セロトニンはやる気の源のようなホルモンで、セロトニンがなくなると鬱や自律神経失調症のような病気に陥りやすくなります。
トリプトファンは必須アミノ酸という人体では生成できない成分のため、食事などを通して体外から摂取する必要があります。
必須アミノ酸は一種類だけを摂っても効果を発揮しないという特徴があるので、必須アミノ酸をバランスよく摂る必要があります。
蜂の子は必須アミノ酸を全て含む18種類のアミノ酸を含む完全タンパク質です。
トリプトファン以外にも蜂の子に含まれるビタミンAやビタミンB群は自律神経の乱れを整える効果があります。

また、蜂の子に含まれるチロシンは自律神経の乱れの原因であるストレスに効果があります。
チロシンは体内でドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンに変換されて、ストレスを解消し、精神疲労を回復させる効果があります。アドレナリンが増えることによってやる気を増やす効果もあります。 トリプトファンが癒しのアミノ酸とするならば、チロシンはやる気のアミノ酸といえます。
蜂の子はチロシンを含むので、蜂の子はやる気を出す効果があるといえます。

ページのトップへ戻る