蜂の子大百科

前へ
次へ

蜂の子が代謝を良くする

代謝とは

代謝とは脂肪を燃焼したり、肌などの組織を入れ替えたりすることです。

脂肪を燃焼する要因を分類すると、基礎代謝(睡眠時代謝)・生活活動代謝・食事誘導性体熱生産(DIT)の三つに分類できます。
基礎代謝は筋肉が体温を保つために活動したり、臓器が働いたりすることによってエネルギーが消費されることです。
生活活動代謝は運動することによってエネルギーが消費されることです。
基礎代謝が全代謝の6割以上を占めます。

蜂の子が代謝を良くする

・筋肉が代謝を良くする

男性と女性を比較すると男性の方が基礎代謝が高いです。男女の基礎代謝の差は主に筋肉の量の差によって生じます。ここからも筋肉が代謝にとって重要であることが分かります。

筋肉を付ける・維持するためにはアミノ酸が不可欠です。蜂の子は必須アミノ酸という体内で生成できないために食事などを通して体外から摂取する必要があるアミノ酸を全て含んだ18種類のアミノ酸を含んでいます。そして必須アミノ酸は一種でも欠けると他の必須アミノ酸も効果を発揮できないという特性があります。足りないアミノ酸がないようにするためにアミノ酸スコアというものがあります。アミノ酸スコアとは必須アミノ酸のバランスを示したものです。蜂の子はアミノ酸スコアも非常に良く、理想的なアミノ酸供給源といえます。

・血行が良くなることで代謝も良くなる

血行が良くなることによっても代謝は良くなります。血は酸素や栄養を全身に運んでいるので、血行が悪いと代謝に必要な栄養などが足りなくなる場合があるからです。

蜂の子に含まれるアルギニンは血行を促進させる効果があります。また蜂の子に含まれるトリプトファンはセロトニンの原料で、セロトニンは自律神経のバランスを整えます。自律神経の悪化は血行の悪化を引き起こします。さらに自律神経のバランスが悪く、血行が悪くなると便秘に繋がります。便秘になると排出されるべき便が体内で有害ガスを発するようになり、そのガスが臓器などに負担をかけて、さらに血行を悪化させることになります。

また、新しい肌を作るには成長ホルモンが必要になります。成長ホルモンは蜂の子に含まれるアルギニンや亜鉛によって分泌が促進されます。

ページのトップへ戻る