蜂の子大百科

前へ
次へ

蜂の子が美肌作りを助ける

蜂の子のアミノ酸がコラーゲンを作る

肌の潤いを保つコラーゲンはアミノ酸でできています。
新しい肌を作るには必須アミノ酸をバランスよく摂取する必要があります。
蜂の子は必須アミノ酸を全て含んだ18種類のアミノ酸を含んでいます。

エラスチンの分解を妨げる

エラスチンは肌のコラーゲンやヒアルロン酸などを結び付けているものです。
エラスチンが減少するとシワやたるみを引き起こします。
蜂の子はエラスチンの減少を抑制する効果があります。

蜂の子のビタミンが美肌を作る

蜂の子に含まれるビタミンの内、特にビタミンAとビタミンCは美肌に関わるビタミンです。
ビタミンAは不足すると肌の乾燥や、角質化を招きます。
ビタミンCは紫外線から身を守り、シミ・シワを予防します。

蜂の子が成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモンは肌の再生に関して重要な役割を果たしています。
蜂の子に含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。
そして成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、質の高い睡眠が成長ホルモンに不可欠です。
蜂の子は自律神経の乱れを改善することによって、睡眠の質を高める効果があります。

蜂の子が新陳代謝を高める

新陳代謝とは古い肌が捨てられ、新しい肌が作られることです。
肌はアミノ酸でできているので、新しい肌を作るのにアミノ酸は不可欠です。
蜂の子はバランスの良いアミノ酸を含んでいます。
そして自律神経のバランスが整うと、血流がよくなり、便秘が改善し、新陳代謝が高まります。
特に便秘になると、排出されるべき便が体内で有害ガスを出すようになります。有害ガスは血流に乗って全身に運ばれ、肌や臓器にダメージを与えます。
したがって新陳代謝を改善するために自律神経のバランスを整えて便秘を改善すれば、二つの意味で美肌作りになります。

蜂の子のセレンが活性酸素から身を守る

蜂の子に含まれるセレンは、老化の原因である活性酸素から体を守ります。
老化とは、活性酸素による体の酸化を意味しています。活性酸素から身を守れれば、大きく老化の進みを遅らせることになります。

ページのトップへ戻る