蜂の子大百科

前へ
次へ

蜂の子が疲労回復を助ける

疲労とは

疲労はさまざまな病気に発展しうるので、軽視するべきではありません。
疲労は肉体的に

などの問題を起こすだけでなく、精神的にも

などの問題も引き起こします。
したがってお仕事などで疲れが溜まっていると感じる人は、蜂の子で疲労を回復して万全な状態にしたほうが良い結果が出ることが期待できます。
蜂の子は古くから漢方の世界で疲労回復のための食材として扱われてきた伝統があります。

疲労の原因は自律神経と関係あり

疲労の原因は、乳酸が筋肉に残ることが原因と考えられてきました。
しかし最近の研究では、脳の神経細胞にダメージが蓄積することが疲労の原因だということが分かってきました。
脳は自律神経を通して臓器の働きなどを調整する役割があります。脳による臓器の調整が大きいほど疲労が大きくなるということです。
例えば走ることを考えてみましょう。
走ると全身に酸素を送ったり、体温を調節したりするため臓器が大きく働きます。
そうなると臓器の調整のために脳も大きく働きます。脳が臓器を調整する際に、神経細胞に活性酸素が発生し、細胞にダメージを与えます。この細胞のダメージが疲労ということです。
逆に言えば、睡眠などによって自律神経を整えることができれば疲労は回復されるということです。

自律神経とは

自律神経を整えるということは、人が興奮するときに働く交感神経と、リラックスしたときに働く交感神経のバランスを整えるということです。
現代人はストレスなどによって過度に交感神経が優位になりすぎて、副交感神経がうまく働かない状態になってしまう人が多いです。

蜂の子で自律神経の乱れを改善する

自律神経はセロトニンで整えることができます。
セロトニンは幸福物質とも呼ばれています。セロトニンは自律神経のバランスを整え、ストレスを抑える効果があります。
トリプトファンはセロトニンの原料です。蜂の子はトリプトファンを含んでいます。
したがって蜂の子は癒しの源といえます。
また自律神経を整えることは、最も効果的に自律神経を整える方法である睡眠の質を高めることになります。
適度な運動・バランスの良い食事・十分な睡眠という健康的な生活は、疲労回復という観点から見ても最高の生活ということになります。
生活の中に蜂の子を取り入れて、理想的な生活リズムを手に入れてください。

ページのトップへ戻る